海外ツーリングに必要な書類や申請手続きとは?

こんにちは、しまじろーです!!

冬は寒くてツーリングができないので、夏のツーリングに向けた情報収集の時間ですね。
国内ツーリングは満足したので、今年の夏は海外ツーリングに行きたい!!

でも、何をして良いか分からない、という方は多いのではないのでしょうか。

今回は、海外ツーリングに必要な申請手続きを流れに沿ってまとめてみました。

海外ツーリングに必要な申請手続き
  • パスポート
  • ビザ(査証)
  • 国際運転免許証
  • 登録証書
  • 国際ナンバープレート

 

・パスポート取得

各都道府県のパスポートセンターで発給されています。パスポートは海外のツーリングに限らず、日本を出国する際は必要になります。

所要日数は1週間程度ですが、パスポートが無ければこれから紹介する手続きに進めないので、最初に申請をしましょう。

以下注意事項がございますので、お持ちの方もご確認ください。

★有効期間の残りが6か月未満になった方
→ビザ申請ができない可能性がありますので、更新をしておきましょう。

★アメリカ(ESTA)、カナダ(eTA)
→入国の際事前に申請が必要です。外務省ホームページで事前に確認をしましょう。

<必要な書類>
一般旅券発給申請書 1通
戸籍謄本又は抄本  1通
住民票の写し    1通
写真(縦45mm×横35mm) 1葉
身元確認書類(運転免許証等)

外務省ホームページより引用

・ビザ(査証)

日本にある各諸国の大使館で取得可能です。郵送で取得できる国(例:ベラルーシ)もあれば、大使館の窓口に行かないと発行してもらえない国(例:ロシア)もあります。

また、到着した空港でお金を払えば取得可能という国(例:カンボジア)もあり、各国対応が異なります。

訪れる国を事前に確認し、必要に応じて取得しましょう。

・国際運転免許証

各都道府県の運転免許センターで申請すれば発行可能です。筆記や実技試験は無いので安心です。即日発行が基本ですが、対応していない地区もあるので、確認して申請に行きましょう。

有効期限は1年間なので、それ以上の期間海外ツーリングに行かれる方は一度日本に帰る必要があります。

<必要な書類>
免許証
写真1枚(縦50mm×横40mm)
パスポート
印鑑
手数料2,400円

宮崎県警察本部より引用

・登録証書

各都道府県の陸運局で申請すれば発行可能です。こちらも即日発行になりますが、間に合わない場合は郵送で送付してくれる地区もあります。

申請に来る人が少ないため、陸運局の担当者で発行方法が分からない方も多いようですが、窓口は確実に陸運局ですので、きちんと確認してください。

陸運局のページについて私も調べましたが、検索結果が出てきたのは北海道陸運局のみでした。不安な方は一度陸運局に電話で確認を取って伺うと良いと思います。 1~2時間かかりますので、時間に余裕をもって申請しましょう。

こちらは有効期限の記載は無いのですが、最長1年になります。理由は次回の「海外ツーリング準備編 ~バイク輸出の基礎知識と手続き~ 」に掲載予定です。

<必要な書類>
・登録証書交付申請書(申請書は窓口)
・旅行行程表(申請書は窓口)
・有効な自動車検査証(車検が無い軽自動車は届出済証、原付は標識交付済証)
・自賠責保険証
・パスポート

私が前回の海外ツーリングで申請し、取得した登録証書の写真を掲載しておきます。ただの紙切れなので、ツーリング途中で水に溶けてボロボロになってしまう可能性があります。必ずラミネート加工をしましょう。東急ハンズなどのホームセンターでは200円程度でしていただけます。

・国際ナンバープレート

日本国内のナンバープレートとは異なり、陸運局で購入することができません。登録証書の国際ナンバーを基に各個人でプレート作製する手配します。

小松自動車工業株式会社を紹介されたますので、直接連絡をします。手続きはFAXや郵送ででき、入金から約2週間でプレートが送られてきます。

小松自動車工業株式会社
東京都品川区東大井 1 丁目 7-5
TEL:(03)3474-0211
FAX:(03)3474-0436

 

しまじろーのコメント

今回の記事は、海外ツーリング情報がまとまったページが少なかったため作成しました。私が初めて行った2011年海外ツーリングの準備は大変だった覚えがあります。

その経験のおかげで、2017年海外ツーリングの準備はスムーズにでき、海外情勢や観光地を調べたり計画を練ることに時間を費やすことができました。

今回の手続きは最低限必要な準備になりますので、全体的に費用は安く、申請期間がかかる手続きもあります。

JAFが発行するカルネという書類もありますが、欧州に限っては無くても問題ありません。(カルネはどのような状況で必要なのか、情報をまとめ次第記事にしたいと思います。)

気軽に海外ツーリングに行ける時代になってきました。今年の夏こそは海外ツーリングに行くと思っている方、まだ行こうか迷っている方は是非申請だけは済ませておきましょう。

そして、これらの情報は世界情勢で変化しますので、海外ツーリング出発前には情報収集を心がけてください!!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です